こもろ美塾 Blog

美大受験現役合格をめざす! こもろ美塾の日々のあれこれ
富山大学芸術文化学部教授 内田和美先生による富山大学芸術文化学部説明会
 8月25日(日) 14:00より
富山大学芸術文化学部教授 内田和美先生による富山大学芸術文化学部説明会がこもろ美塾で開催されました。

おもに内田先生の担当するデザイン工芸コースの情報を詳しく。また、デザイン情報コースの学びについてもお話しいただきました。
多くのサンプルを見せていただき、実際に手を動かして学ぶ方法の大切さをお話ししてくださいました。
実践や経験をとおし、気づくまで腰を据えて自分たちで探し出す学びというところに富山大学の特徴があるとのことでした。
また、高岡というものづくりの伝統が継承されている土地で学ぶことのメリット、多彩な地域連携活動や活発なサークルの動きなどのお話もみんなの興味を惹いたようでした。
プロダクトデザイン志望の生徒が食い入るように見つめていたのは、カーデザイナーである内田先生の手によるレンダリングの数々でした。
「国立なんて自分には無理。。。」と思わずにチャレンジしてほしいです。

富山大学芸術文化学部

| こもろ美塾の日常から | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科教授 中山ダイスケ先生による特別講義
 8月24日(土)17:00より
東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科教授/学科長 中山ダイスケ先生による特別講義
「東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科の挑戦」がこもろ美塾で開催されました。

オープンキャンパス前日という大変お忙しい日に、グラフィックデザイン学科長の中山ダイスケ先生においでいただき、レクチャーを受けました。お話は「グラフィックデザイン概論および、これからの社会で求められるデザイナー像」といった内容でした。
趣味の延長で上手に絵が描ける人がデザイナーとして活躍できるのではない。
モノではなく、コトのデザインができる人になろう!
デザイナーの仕事は、伝えたいことを伝えたい対象に翻訳する仕事、それをやるには「考えられる人になろう!」
その他にもたくさんのエキサイティングな心躍るお話を2時間たっぷりと伺うことができました。
「あの先生に教えていただけるなら、東北芸術工科大学に行きたい。」そんな声が終了後に聞かれたレクチャーでした。お忙しい中、ありがとうございました。

東北芸術工科大学

| こもろ美塾の日常から | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科准教授 田中桂太先生によるワークショップ
 7月27日(土)10:00より
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科准教授 田中桂太先生による
ワークショップ(革製品をつくる)がこもろ美塾で開催されました。

メインは、実際に革を触りながら、ケイタイ(スマホ)ケースを制作するワークショップ。
簡単なカードケースを作って制作行程を確認→自分の思い描いた形を紙と毛糸で試作→その後、革で制作。
という手順でみんな思い思いのケースを制作しました。
なかなか思い通りに進まずに革と格闘する生徒、順調に仕上がったのに、使おうとすると「思ってたのと違う・・・」となった生徒、でもそういうところにこそ、この課題の醍醐味がある、学びがひそんでいると、感じたワークショップでした。
田中先生はとても親切に一人一人の思いが形になるようにアドバイスをくださり、みんなも集中して制作に没頭していました。この日の制作がそのまま「ものづくりの行程」であると最後に田中先生からご説明いただき、「なるほど!」と感銘を受けました。
作ったものを使い、改良していくことで、この学びがより生きるそうです。改良する材料もいただきましたので、みんなぜひ2作目、3作目と改良を加え、納得できるケイタイケースを作って欲しいです。

また、合格参考作品を多数見せていただきました。手に取って見られる機会を作っていただき、中には積極的に自分の作品を講評してもらう生徒も。みんなのやる気に火が灯った充実の1日となりました。ありがとうございました。

武蔵野美術大学

| こもろ美塾の日常から | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
荒川ボートハウスカフェ開催!


日常も、非日常もなるべく快適な生活を維持するために。

東京近郊での生活は、長野でのそれとは違う、余白のなさに
そこはかとない不安、居心地の悪さを感じていないでしょうか?
過密都市の中でも広大な余白を持つ、河川と河川敷の可能性を体験しながら考える。
リラックスしながら、理屈ではなく感じる一日に。まず一歩。
現場に足を運ぶこと。感じること。気づくこと。変わること。


◆開催日:平成24年7月14日 土曜日

◆時 間:12:00〜16:00

◆会 場:東京都北区赤羽 荒川河川敷 岩渕水門付近(赤水門前)

◆ねらい:防災を意識した川の利用と小さなコミュニティー形成

◆コンテンツ概要

1. NEKOLOBBY(ネコロビー)
ABC-TATAMIというマットで、水辺空間(堤防や河川敷)の好きなところで寝ころぶ。

2. 水辺での食事(フードコミニュケーション)
河川敷で楽しく食事をする体験。食べながら、意見を交換しながら、水辺で過ごす一日。
 参加費:おとな=1,000円 学生・こども=500円

3. パドルボード(SUP)を使った水上浮遊
パドルボード(サーフボードの小さい版の様なものに乗り、パドルを漕いで進むウォータースポーツ)を実際に体験
◎自発的に参加・体験を希望する方は実際に水上浮遊を体験していただけます。
 参加費:500円

4. 手漕ぎボートによる水上移動
前回も参加して頂いた、戸田のレガッタ競技関係のみなさんの指導のもと、手漕ぎボートを実際に体験
◎自発的に参加・体験を希望する方は実際に水上移動を体験していただけます。
 参加費:調整中

※水上体験は経験者がサポートしますが、各自自己責任においての参加をお願いします。動きやすい服装と滑りにくい靴、万が一落水した時の着替え、絶対に事故を起こさない覚悟!を持ってご参加ください。

http://miraitv.com/dokata/?p=2112

続きを読む >>
| 卒業生から | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
武蔵野美術大学優秀作品展に行かれなかった人
展示作品がホームページで公開されています。どんな勉強ができるのか参考になります。
そういう私も年度末はいろいろ予定が重なり行かれなかったのです。
行きたかった・・・。

ムサビの学科の名前は初めて見る人にはその学科で学べる内容が解りにくいですね。
視覚伝達デザイン学科 これはまだ解るとしても
デザイン情報学科 デザインなの?情報学なの? とか
基礎デザイン学科 デザインの基礎を学ぶのか、と誤解したり。

大学案内を見るのはもちろんですが、卒業制作を見るのもオススメします。
| 展覧会 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
こもろ美塾 採点の様子


 こもろ美塾での課題の採点の様子です。ごらんのとおり、個人個人の進度や志望校に合わせた課題を出して行きますので、提出された作品も様々です。

 こもろ美塾では現役で合格する為の様々な工夫をしていますが、その1つが講評会を行わない事。「えっ?じゃぁアトリエ通う意味ないじゃん」と思う方もあるかもしれませんが、時間のない現役生にとって講評会に費やす時間がもったいないと考えています。

 そのかわり、丁寧に一枚一枚採点したあとのフィードバックを個人的に次の作品で伝えていきます。又、多数の作品の中で自分の作品の見え方を確認するのは大切な事なので、採点の後、壁面への張り出しを行います。

 受験まで6週間となり、3年生の課題制作のスピードが上がってきています。採点も忙しくなってきました。
| こもろ美塾の日常から | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
2つのイベントのお誘い
さて、あの日から半年が経ちました。
自分の身の安全を自ら案じ、適切な手を講じる。
そのために普段からできることがあります。

快適で安心して暮らせるライフスタイルについて考えた時に、
地域コミュニティーとの関係を抜きには語れません。
共同作業、共通の経験から生まれる連帯感、
日頃から築かれた信頼関係のある地域コミュニティーが、
都市生活には不可欠だと考えています。

困った時に頼りになる公園、安心して食べられる食料の確保、
気ごころが通じる仲間がいる生活。
過密都市で生きるうえでの最適なライフデザインを考えていきましょう。

【 2011年9月17日 土曜日 】

Do Fes! 3rd 〜防災花壇〜


do

日 程:9月17日 土曜日
集 合:JR埼京線 戸田公園駅 西口 12時
参加費:無料

備 考:公園で食べるランチと、好きな野菜・果物のタネや苗を持って集まってください。
    若干の作業道具は用意しますが、マイ軍手やマイシャベルなんかがある人は、お持ちください。
    汚れても気にならない服装でお越し下さい。
    戸田公園駅からの無料送迎バスあり(戸田競艇場行き)。


【 2011年10月1日 土曜日 】

純喫茶 飴のチハレ 第23回(Basic)


chihare

日 程:10月1日 土曜日
時 間:営業時間 午後 0:30 〜 暗くなる頃(なりゆきで近くの店に移動)
場 所:代々木公園(原宿駅側から入って左の道を100mくらいの右手)
参加費:無料

備 考:基本的に春と秋の年2回、一日限定オープン。
    珈琲・紅茶・緑茶などのホットなドリンクを、
    1杯10円で温かくおもてなしする、青空喫茶。

では、お会いできるのを楽しみにしています。
| 卒業生から | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE