こもろ美塾 Blog

美大受験現役合格をめざす! こもろ美塾の日々のあれこれ
武蔵野美術大学優秀作品展に行かれなかった人
展示作品がホームページで公開されています。どんな勉強ができるのか参考になります。
そういう私も年度末はいろいろ予定が重なり行かれなかったのです。
行きたかった・・・。

ムサビの学科の名前は初めて見る人にはその学科で学べる内容が解りにくいですね。
視覚伝達デザイン学科 これはまだ解るとしても
デザイン情報学科 デザインなの?情報学なの? とか
基礎デザイン学科 デザインの基礎を学ぶのか、と誤解したり。

大学案内を見るのはもちろんですが、卒業制作を見るのもオススメします。
| 展覧会 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
“これも自分と認めざるをえない”展
21_21 DESIGN SIGHT 企画展
“これも自分と認めざるをえない”展
http://www.2121designsight.jp/id/index.html

「ピタゴラスイッチ」の佐藤雅彦氏ディレクション
キーワードは「属性」

〜本展覧会の特徴〜として
見終わった数日後、たくさんの疑問が醸成されている。

という項目があります。この一文で、もう、どうしても見たくなってしまいます。
美大を目指す高校生のみんなも、夏休みの最後のお楽しみにいかがでしょうか。
と言いたいところですが、長野県の学校、もう夏休みとっくに終わっています。とほほ。

ネタバレもあるけれど、excitee.ism の記事が興味をそそります。
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_19964/

“これも自分と認めざるをえない”展
21_21 DESIGN SIGHT 東京都港区赤坂9-7-6 tel.03-3475-2121
7月16日(金)〜11月3日(水・祝)
Open.11:00〜20:00(入場は19:30まで)
火休(11月2日は開館)
一般1,000円 大学生800円 中・高校生500円 小学生以下無料
| 展覧会 | 18:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション
 美大入試の参考作品集なんて見てないで、本物見ちゃえばすぐ解るのに〜
塾生が課題制作で行き詰まり、参考書籍をぺらぺらしているのを見ると、そんなふうに思うことがよくあるのです。
田舎に住んでいるハンディーは展覧会に遠いこと。
この展覧会は夏まで開催、しかも高校生以下無料。
行くべし。見るべし。体感すべし!

「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」
http://www.momat.go.jp/Honkan/where_is_architecture/
2010年 4月29日(木)〜8月8日(日)
10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00) 月曜休館
一般 850円 大学生450円 高校生以下無料
東京国立近代美術館
↓概要はホームページより引用
概要
世代もタイプも異なる7組の日本の建築家たちが、新作インスタレーションを展示します。「建物」をつくるときとは異なる条件の中で彼らが頼るもの。それはきっと、建築家として鍛え上げてきた、論理(ロジック)と技術(テクニック)と感性(エステティック)のバランスがとれた思考方法となるでしょう。このバランス感覚に長けているからこそ、現在、日本の建築は世界的に注目されていると言えます。そして、もしそうしたところに「建築」の特徴があるのだとすれば、建築を考える際に重要なのは、「建築とはなにか」を問うことではなくて、どこにどのような形で建築が現われてきているかを捜すことではないでしょうか。
 三種類の多面体でつくられた空間、「空間」が生滅する場、動物にも見える東屋(あずまや)、模型の一日を見せる映像空間、繊細(フラジャイル)な構造体、スケール感覚が不思議な広場など、多種多様なインスタレーションを通して、建築はどこにあるのか、ぜひ捜してみてください。
| 展覧会 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展
これからデザインを学ぼうとする若い人たちには特に観て欲しい展覧会です。

「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展
http://www.2121designsight.jp/pstfsl/index.html
2010年 4月24日(土)〜6月27日(日)
21_21 DESIGN SIGHT
トレンド予測の第一人者、リー・エデルコートがとらえたデザイン界の新潮流。
71作家、130点あまりの作品が会場に集結します。

展示作品の写真を見ると、いままで私たちが抱いていた「デザイン」という言葉と微妙に違う強烈な印象がまず伝わってきます。
そしてディレクターであるリー・エデルコートからのメッセージを読むと、その真意が・・・
大転換の時代が到来しました。
社会は今や前世紀と永遠に決別しようとしています。今日では問題視されたり疑問が示されたり、破綻をきたしている創造行為におけるさまざまな決まりごと、理論的な諸ルール、さまざまなスティグマ(汚点)を断ち切るために。そして、物質至上主義を脱却し、代わりに、慎ましく地に足がつき、組み立て直された 状況を実現するために。

ここ数十年で最悪の金融危機の余波を受けて、流麗華美な、デザインのためのデザインの時代は終わりを告げています。・・・・・・・

続きは21_21のサイトでどうぞ
http://www.2121designsight.jp/pstfsl/director.html

キーワードは
サステイナブル と フレッド・フリントストーン かな?

| 展覧会 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
 第13回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
http://plaza.bunka.go.jp/festival/
2010年 2月3日(水)〜2月14日(日)
国立新美術館

 これ行きたいな〜〜と思っているのですが
なにしろ受験シーズンまっただ中。
3年生数人は昨日からの東京造形大+タマビの入試の為に出陣中ですが
まさか本陣を留守にするわけにもいかず・・・

 ホームページで我慢しようかと見てみたところ、
受賞一覧ページでかなりの動画が一部あるいは全編見られるのです!

 アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門
それぞれのジャンルで入賞作品が紹介されています。
 ちなみにアニメーション部門の大賞は上田が舞台になり、昨年はこもろ美塾でもずいぶん話題になっていた「サマー・ウォーズ」。マンガ部門の優秀賞の中には私のお気に入りの「へうげもの」も。

 受賞作品中でもとても気になったのはアニメーション部門の優秀賞、スイスの作家の「The Cable Car」という短編です。いやぁ〜これ、面白いです。何回も見てしまいました。

 功労賞は金沢美術工芸大学卒、ゲームクリエーターの宮本 茂氏。最近こもろ美塾の卒業生の中からも、美大卒業後ゲーム会社で活躍するデザイナーが出てきました。美大出身者がこのような幅広いジャンルで活躍する時代が来るとは。。。30年前に比べると仕事のジャンルはずいぶん増えました。

 それに対応するように、以前は無かった、メディアアートやアニメーション、マンガ、ゲーム等の学科が各大学に新設されています。
| 展覧会 | 18:32 | comments(1) | trackbacks(0) |
ポップアート1960's〜2000's


POP ART 1960's〜2000's
ポスターとチラシが長野県信濃美術館から届きました。

会場:長野県信濃美術館
会期:2009年10月31日(土)〜12月20日(日)
時間:9:00 〜17:00(入場は16:30まで)
休日:水曜日
入場料:大人800円、大学生400円、高校生以下無料

アンディー・ウォーホル キース・へリング リキテンスタイン バスキア と、もう早く行ってみたくて待ち切れません。
芸術学志望の生徒に、昨日ちょうど80年代のアートとデザインをテーマにポスターを制作する課題を出したばかりでした。

又、先日は、ある写真家の方から「アメリカ製で欲しいモノって無いんだよね。」と切り出され、ZIPPOのライターとQUICK-SET社の販売するHUSKYという三脚ぐらいしかアメリカ生まれで購買意欲をそそられるモノは無い、どう思うかと聞かれました。
突然の質問に私もすぐ答えられず、後から考えてイームズの椅子かな?などと考えていましたが、POP ARTがあったじゃないですか!

まぁ、欲しいという気持ちはあっても、手の出せる値段では無いのですが。
| 展覧会 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
深澤直人 「OUTLINE 見えていない輪郭」展
10月からプロダクトデザイナー深澤直人氏の展覧会が開催されますが
それにともないエキサイトイズムに読みごたえのある記事が掲載されています。
http://media.excite.co.jp/ism/144/

深澤直人氏といえば
「MUJI」壁掛け式CDプレイヤー
「±0」加湿器
「au/KDDI」INFOBAR
等のデザイナー。今やプロダクトデザイン界のトップランナーです。

深澤直人氏の作品約100点と、広告写真の第一人者藤井保氏が4年間に渡って撮影した、深澤直人氏の作品の写真を中心にした展覧会ですから、ぜひ行ってみたいと思います。

「OUTLINE 見えていない輪郭」展
http://www.2121designsight.jp/outline/index.html
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
会期:2009年10月16日(金)〜 2010年1月31日(日)
時間:11:00〜20:00(入場は19:30まで)
休日:火曜日(11月3日は開館)、12月28日〜1月2日
入場料:一般 1,000円、大学生 800円、中高校生 500円、小学生以下 無料

大事なことを忘れずに書かなければなりません。
深澤直人氏はムサビの基礎デザインの教授でいらっしゃいます。
現在の武蔵野美術大学基礎デザイン学科の指導陣は何と豪華な顔ぶれなのでしょうか。
http://www.musabi.ac.jp/dept/kisode/profile.html
| 展覧会 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
この夏行ってみたい展覧会
山中俊治ディレクション「骨」展
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウンガーデン内)
会期:2009年5月29日(金)〜8月30日(日)
時間:11:00 〜20:00(入場は19:30まで)
休日:火曜日
入場料:一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

「骨」展
http://www.2121designsight.jp/bones/



鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人
会場:東京オペラシティアートギャラリー(3Fギャラリー1・2)
会期:2009年7月18日(土)〜9月27日(日)
開館時間:11:00 〜19:00(金・土は20:00まで/最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし祝日は開館)、8月2日(全館休館日)
入場料:一般1,000円、大学・高校生 800円、中学・小学生 600円

鴻池朋子展
http://www.operacity.jp/ag/exh108/

鴻池朋子さんプロモーション映像
http://www.youtube.com/watch?v=UugZcI0r42o


セゾン現代美術館企画展「絵画 モノクロームとマルチカラー」
会場:セゾン現代美術館(軽井沢)
会期:2009年7月6日(金)〜10月4日(日)
開館時間:10:00〜18:00 ※入館は17:30まで
休館日:木曜日、8月無休
入場料:一般1,000円、大高生700円、中小生300円

セゾン現代美術館
http://www.smma-sap.or.jp/
| 展覧会 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
横浜トリエンナーレ 2008

 トリエンナーレに行ってきました。
よくばってあっちこっち見てこようと思っていましたが、BankART会場が面白く、時間も体力も使ってしまい、あとは赤レンガ倉庫をちらっと見て戻ってきました。
 よくこもろ美塾の学生にインスタレーションって何ですか???と聞かれるのですが、あれこれ説明してもわからないのがインスタレーションのやっかいなところ。体験すればその面白さがすぐにわかってもらえると思います。
 会場の中はフラッシュを使わなければ撮影はOK。上の写真は見えない像が展示され、デッサンをする女性や撮影をするスタッフ。像を触ろうとすると係員が飛んできます(笑)


 こちらは作品の動画を一生懸命撮っている若い人たち。観賞する人も作品の一部のように見えてくるところが現代美術の面白いところです。


 窓のない倉庫の中をぐるぐるめぐり最上階にたどりつくと、窓から川をはさんで赤レンガ倉庫が見えました。この後、BankART会場からトリエンナーレの券を見せて船に乗り気持ち良いプチクルーズを楽しみました。船で倉庫のはしごができるのはなかなか粋なはからいです。
| 展覧会 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
睡蓮とビールと絶景


 国立新美術館で開催中の、MONET大回顧展を見に行った芸術学志望のお嬢さんからお土産をいただきました。
キラキラのクレヨンタイプのペンで睡蓮の絵の水面のような色合いが混ざっています。MONET展限定だそうです。
 モネといえば、アサヒビール大山崎山荘美術館の新館(安藤忠雄氏設計)で見たモネを思い出します。本館の英国風の山荘の池には本物の睡蓮が咲き、天王山からの絶景を眺めながらおいしいビールが飲めるおすすめの美術館です。そして、本館とモネの睡蓮が飾られた新館のコントラストがとても刺激的なのです。
 世の雑事を忘れるには最高の空間でした。
アサヒビール大山崎山荘美術館
| 展覧会 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE