こもろ美塾 Blog

美大受験現役合格をめざす! こもろ美塾の日々のあれこれ
<< 益田文和教授によるレクチャー「社会とデザイン」 | main | 入試まであと6週間 >>
武蔵野美術大学 造形ファイル
ムサビのコンテンツの中で面白いページを見つけました。
「造形ファイル」という名前で画材の詳細な説明から、技法のポイントまで、基礎の基礎から解説されています。説明によると、
造形ファイルは、武蔵野美術大学がインターネット上で公開している、美術とデザインに用いられる素材や道具についての用語や技法の情報を提供する知識モジュール群です。

ということです。たとえば
水張りの方法とか(動画もありました)
鉛筆の削り方<動画>とか・・・・

そして、鉛筆の固さに関しての記述を読んで、今日初めてFの謎が解けました。
アルファベットと数字で硬度を分類しています。Hは「Hard」の頭文字で、芯が硬く淡い色味が特徴です。H〜10Hと数字が大きくなると硬度が増します。B「Black」は芯が柔らかく濃い色味を持ち、B〜10Bと数字が大きくなると芯は柔らかくなります。HBはHとBの中間の硬度や色味を持ち、F「Firm(丈夫な)」は、HBとBの中間の質を持ちます。

なるほど、なるほど。HardとBlackの間のFについて・・・自分いったい何年間モヤモヤしてたんだよって事なんですけどね。

追記:今鉛筆の固さについての説明があるページもう1回見たら、写真ではFはHBとHの間にあるんです。あぁぁ、まだしばらくFには悩まされそうです。
| 美大な話題 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.komoro-bee.com/trackback/949977
トラックバック


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE